平成27年度 山口宇部医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - - 23 39 99 193 853 760 348 18
平成27年度の退院患者を10歳刻みで集計したものです。
退院患者総数に占める60歳以上の割合:84.6%
平均年齢:68.2歳
中央値:69.0歳
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
平成27年度は DPC 準備病院のため、掲載データはありません。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 7
大腸癌 - - - - - 11 1 7
乳癌 - 20 - - - - 1 7
肺癌 150 53 112 237 237 481 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌(胃癌・大腸癌・乳癌・肺癌・肝癌)の病期分類別および再発の分類で集計したものです。
再発が多いのは、化学療法や症状管理のために入退院を繰り返すことが多いからです。
不明は、集計の段階で診断途中であったり、がん以外の重篤な疾患のために精査を見合わせている症例が含まれています。
UICC 病期分類:UICC 病期分類国際対がん連合によって定められた分類
①原発巣の大きさと進展度
②所属リンパ節への転移状況
③遠隔転移の有無
①~③により各がんをⅠ期(早期)からⅣ期(末期)の 4病期(ステージ)に分類
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 16 15.25 61.06
重症度 1 37 30.32 76.08
重症度 2 19 18.37 79.05
重症度 3 - - -
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
成人(20歳以上)の市中肺炎患者について、重症度別に集計したものです。
市中肺炎とは、普段の社会生活を送っている中で罹患した肺炎のことを言います。
ウイルスによる肺炎や、誤嚥による肺炎は集計対象外です。
A(年齢)D(脱水)R(呼吸)O(見当識)P(血圧)の項目にいくつ該当するかにより治療方針が決まります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
脳梗塞の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計したものです。
当院では呼吸器疾患を専門的に診療しており、脳梗塞の患者さんはほとんどいません。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 124 9.75 15.92 0.81 68.27
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) 27 7.15 11.56 0.00 69.52
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 26 6.54 14.12 3.85 67.15
呼吸器外科では、おもに胸腔鏡による肺癌の手術を実施しています。
腫瘍内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 41 29.05 41.29 14.63 66.83
K508-22 気管・気管支ステント留置術(軟性鏡によるもの) - - - - -
K6112 抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置(四肢) - - - - -
腫瘍内科では、おもに抗癌剤治療のためのカテーテル留置(抗癌剤の注入に使用)を実施しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる 10 0.38
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
「播種性血管内凝固症候群(DIC)」「敗血症」「その他の真菌症」「手術・術後の合併症の発生率」について、入院の契機となった傷病名との同一性の有無を区別して、患者数と発生率を示しております。
合併症が引き起こされる確率は患者さんの状態によって異なりますが、当院では手術や処置などを行う際には合併症を起こさないように細心の注意を払い対応しております。
更新履歴
2016/9/30
ホームページに掲載